遺言を残すって大事?!

目次
遺言とは
遺言の効力
遺言で残せるもの
遺言のルール
葬儀に関する遺言
 
 
 
 
お役立ちリンク
 
top
 

遺言とは

 遺言とは、遺産の分配方法について書かれた書面というのが一般的な認識だと思います。
 遺産の分配以外にも、自分がどういった葬儀をしてもらいかという内容のものも存在します。

 遺言の種類には健康で暮らしている人が作成する「普通方式」と、緊急時に作成する「特別方式」の2種類が存在します。また、普通方式の遺言には「自筆証書遺言書」と 「公正証書遺言書」、「秘密証書遺言」の3種が存在します。

自筆証書遺言

 証人を立てる必要もなく、簡単に書ける遺言書が自筆証書遺言です。簡単に書けるタイプのものですので、費用も少なくて済み、作り直しが簡単にできます。 しかし、簡単に作成できてしまうため、紛失してしまったり、悪意ある人に内容を勝手に変えられてしまったりといったデメリットが存在します。

公正証書遺言書

 公証役場で証人立会いのもと、公証人が遺言者の後述を筆記して公証人が作成する遺言書が公正証書遺言書です。公証人が作成しますので、適法な遺言書が作成でき、 内容を勝手に変えられるという心配はありません。ただし公証役場手数料や証人依頼代などの諸費用がかかるのと、本人以外にも証人を2名以上たてないといけないなど、 自筆証書遺言書と比べると作成する難易度はかなり上です。

秘密証書遺言書

 自分以外の代筆も認められる遺言書です。公証役場に提出するので、作成日が特定できます。ただし証人の立会いが必要であること、方式の不備などで無効にされてしまう 可能性があります。存在はあるけれども内容は秘密であるため、勝手に内容を改ざんされたりしてしまう可能性があります。こちらの遺言書も公証役場手数料などの諸費用がかかってきます。

遺言の効力